おうち時間で絵を描いてみよう!

おうち時間が以前より長くなりました。

そこで、昔から憧れている「絵を描く」ことに、

少し時間をとってみようかな?

なんて、思い始めました。

 

プレバトの先生の本を買って練習してみた

プレバトで有名な野村先生の本を買ってみました。

鉛筆でなぞるだけ・・・

ここに惹かれました。

 

結構、うまくなった気がして、楽しい気分です。

で、すっかり、いい気になって、

スケッチに行ってみたら、下手クソなままでした。

スケッチしてみた

 

昔、買った本を漁ってみた

そこで。

昔、買った本を漁ってみました。

昔から、絵を描くことに憧れているので、

結構、いろんな本を買っています。

そこで、もう一度、パラパラと中身を見てみたら?

あれ?この本って、読んだんだろうか?

そんな本を見つけました。

 

それが、こちら。

内なる画家の眼

 

この著者が書いた「脳の右側で描け」という本は、

きちんと読んで、実際に練習した記憶があるんです。

でも、この本は、どうだったっけ?

 

忘れているなら、再度やってみよう

覚えていないのだから、もう一度、やってみるのも面白い。

そう思って取り掛かりました。

 

すると、めちゃめちゃ本が面白い。

これだけ面白かったら覚えているはずなのに、やっぱり、覚えていない。

もしかしたら、昔は、まだ、そのレベルになくて、読むのに疲れちゃったのかもなぁ?

なんて思いながら、進めています。

 

ついでにコリータ・ケントの本も買いました

それと、もう一つ。

私が好きなアーティスト「Austin  Kleon」の本から、

「Corita Kent」というアーティストを知ったので、

彼女の本も買いました。

タイトルは、ズバリ「Learning by heart」です。

Corita Kentとは?

彼女は、アーティストでありながら本業は尼僧であり、

子供たちにも絵の描き方を教えていた人です。

彼女の絵はとてもポップで、大好きなんですが、

それだけじゃなく、

彼女の言葉には、何か、気持ちにグッとくるものがあるんです。

だから、この本はどうしても欲しくて買っちゃいました。

 

learning by heart

 

まとめ

というわけで、

この2冊の本で、どれだけ、自分の絵の描き方が変わるのか?

試しに、ボチボチやってみようと思っています。

とりあえず、

どちらの本も、

絵を描くということは、見る目を養うことなのだ。

と言っていて、

正しく見ることを、どうやって学ぶのか?

ここにフォーカスされています。

 

実際にやってみた結果をボチボチ、ここにアップしていって、

自分で驚けたらいいなと思っています。