プログラミングと英語、どっちを学ぶ?

2020年5月24日

プログラミングと英語、どっちを学ぶのか?

そう聞かれたら、

迷わず、プログラミング!

と答えます。

なぜなら、

プログラミングを学ぶためには、

英語も同時に学ぶ必要があるので、めっちゃ!お得だからです。

プログラミングと英語は同時に学ぶ

もちろん、

日本でもプログラミングの重要性は理解されていますので、

日本語バージョンのプログラミング本や教室、サイトなど

あるにはあります。

でも、

やっぱり、

プログラミング言語=英語を使って書く

わけですから、

英語を知らずに済ませる・・・・

わけには、いきません。

それに、一番の大きな理由は、

なんといっても、

英語のほうが、情報もサイトも豊富なんですね。

ですから、

たかが、英語ができないぐらいで、

それを捨て去るのは、非常にもったいないんです。

プログラミングと英語どっち

プログラミングに必要な英語は?

たかが、英語?

そうです。

たかが、英語です。

目的は、あくまでもプログラミング。

英語は手段でしかありません。

ですから、学校のような受験のような英語学習はまったく必要ありません。

step1 コードを書く

プログラミングのコードは、すべて英語です。

ですから、コードのスペルは見ないでもスラスラ書けるようになりましょう。

head

text

body

font-size

など、簡単な英語も多く使われています。

もっとも、何回も書いているうちに、

自然と覚える単語も多いとは思いますが。

step2 英文を読めるようにする

英語で書かれている情報やサイトは、

とにかく英語が読めればなんとかなります。

そこで、まずは、どんな長い文章であっても、

英文を読めるようにしましょう。

step3 専門的な単語をイメージで覚える

プログラミング特有の単語や、

よく使われる単語は、

できるだけイメージで理解しましょう。

わからない英単語の日本語の意味を調べても、

いまいちピンと来ない言葉はどうしても存在します。

そういう時、お助けマンになってくれるのが、

実際に画面にコードを打ち込む練習です。

英文を読み、実際にコードを書く練習をすることで、

ピンとこなかった英単語が、なんとな~くイメージできるようになります。

※「Codecademy」などのサイトで、実際にやってみるとわかります。

まとめ

いかがですか?

結局、プログラミングには、

どうしたって、英語力が必要なのですから、

「プログラミングを選んでおけば、最終的に得する

と私は思います。

もちろん、人によっては、

プログラミングなんてどうでもいい。

英語だけ学びたい!

と思うかもしれません。

でも、

「プログラミングサイトで英語を学ぶのもアリ!」

というぐらいの気持ちの余裕はあってもいいと思います。

実際のところ、

英語学ぶよりも、

英語何かを学んだほうが、

間違いなく、英語力はついてきますしね~。