絵を描くメリットを手に入れるには?

絵を描くメリット絵を描く

絵を描くメリットは、

  • 洞察力が増す
  • 集中力が増す
  • ストレスが軽減する

など、いろんなメリットがありますが、

絵が恐ろしく下手な人でも、

そのメリットは手に入るものなのでしょうか?

 

大事なのは本質

たとえば、

「絵が上手くなりたい!」

そう思って、ひたすら絵を描き続けられる人は、

おそらく、何の問題もないと思います。

 

でも、普通は、そこまで続けられずに挫折しますよね?

少なくとも、私はそうでした。

実際、「絵を描く」ためのレッスン本は、いろいろ買いました。

でも、そのほとんどは、途中で投げ出しています。

 

その結果、当たり前ですが、

「何もメリットはなかった・・・」

気がします。

むしろ、

「あぁ、やっぱり私には無理なんだ」

そういうあきらめが増えていっただけでした。

 

だから。

もし、本気で絵を描くメリットを手に入れたい!

そう思うならば、

絵を描くことそのものよりも、

絵を描くテクニック的なことよりも、

その本質にフォーカスした方がいいと思います。

 

絵を描く目的を変える

おそらく、絵を描こうとする人は、

昔の私がそうだったように、

「上手な絵を描けるようになること」

ここをゴールにしているはずです。

 

でも、それが、挫折の元になっている・・・とも思います。

だって、そんなにはモチベーションは続かないし、頑張れないから。

 

だから。

この際、意識を変えてしまいましょう。

絵を描くゴールは、

「上手な絵が描けること」ではありません。

「創造性を高めること」なのです。

 

絵を描くメリットを手に入れるには?

絵を描く目的を変えると、

不思議と、絵を描くことに対しての「恐怖感」が薄らぎます。

 

絵は別に下手でもいいんです。

目的はあくまでも「創造性を高める」ことなんだから。

結果は気にせず、「ものの見方=視覚」を鍛えていけばOKです。

※具体的な方法については、他の記事を参照してね。

 

大事なのは、手段として「絵を描く」ことです。

正直、自分が描いた絵の出来栄えを気にしだしたら、とても続けていけません。

だって、世の中には、自分より絵が上手な人は、山ほどいるわけですし。

そうじゃなくて、

絵を描くこと=「見ること」に直結しているんだ。

ここを、強く意識することです。

 

見えるものが変わる

私自身、絵を描き出して、最初よりはましになったものの、

まだ、それほどの上達はしていません。

まぁ、毎日、描いていないから余計でしょうが。

 

絵を描くメリット

私は、人物の顔を描くのが好きみたいです。ただ、洋服とかは、面倒くさくなって(左脳が邪魔をしだした?)いい加減になっちゃいました。

 

ただ。

コリータの「影を見る」レッスンを始めた時、

今まで、気にもとめていなかった「さびれた小屋」が「美しいなぁ・・・」と思えたんです。

お花や、夕日など、綺麗な景色はたくさんあります。

でも、あんな「さびれた小屋」に、何故?美しさを感じたのか?

いまだに、謎です。

 

でも。

それからと言うもの、

「物の価値って何なんだろうな?」と考えるようになりました。

それに、さびれた小屋すら美しい。

そう思えるって、なんて!人生、得したんだ!

そう思いましたね。(笑)

 

まとめ

最後に、

  • 絵を描くことや、
  • 創造性を高めること、
  • ものの見方=視覚を鍛えること

に対して、まだ不安がある方に、

創造性について書いた、コリータ・ケントの文章を贈ります。

※下記は、私がコリータの英文を、勝手に意訳したものです。

 

創造性は誰の中にも存在しています。

創造するということは、関係を築くということと同じです。

word art(装飾文字)の語源は、fit together(組み合わせ)ですが、

それは、私たちが毎日、やっていることと何ら変わりはありません。

確かに、私たちの多くは、painter(絵描き)ではありません。

が、誰もが皆、artist(アーティスト)なのです。

たとえば、パンを焼き、子供を育てるように、

私たちは、常に、いろんなものを組み合わせ、いろんなものを創り出しています。

そう、私たちは皆、アーティストなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました