ipadでイラストの書き方を学ぶ?

2020年6月23日

ipadとタッチペンがあれば、イラストを書きたい。

などと、無謀なことを考えまして、

アドビのFrescoという無料のアプリを導入しました。

 

すっごい大作を描く気はありません。

すっごいレベルを目指しているわけでもありません。

ただ。

ちょっと、毎日の暮らしの中に、ちょっぴり絵心が加わったらいいな・・・。

そんな程度です。

 

ただ、ちょっぴりの絵心も、

毎日の、地道な努力が必要だということだけはわかっています。

 

そこで。いろいろ、サイトを探した結果、

面白いものを見つけました。

 

葛飾北斎先生に学ぶ

葛飾北斎と言えば、まさに、絵の天才・・・みたいな方です。

日本人なら、誰でも知ってますよね?

実は、北斎が書いた、絵の指南書があるそうなんですよね。

それが、なんとオンライン上に、無料で公開されています。

本の中身は、絵描き歌や文字絵みたいな感じです。

全部で36個ありますので、毎日、1つ描いていくと、大体、1ヶ月かかります。

 

初回記念!実際に描いてみた感想は?

早速、最初の絵を描いてみました。

山という字3つ。かという平仮名一つ。

ここに、いろいろ、付け足して、お侍さんができました。

 

ipadでイラストを描いてみた

ま、最初なので、こんな程度です。

まだ、アプリ自体にも慣れていないということもあるのですが、

文字絵って、意外に難しいです。

私の場合は、むしろ、文字絵を書くより、そのまんま絵を真似た方がラクちんだな。

なんて、思いました。

 

2日目でアプリには慣れる

2日目で、アプリには慣れたので、文字絵としてでなく、そのまんま絵を真似てみました。

初日より、マシになった感じです。

ipadでイラスト練習

 

まとめ

オンラインとかデジタル機器を使うと、

アナログでは、絶対にやれそうもなかったことに、興味が湧くものです。

もし、アナログだったら、

多分、北斎先生の本で練習しようなんて、思わなかったはずです。

だって、

わざわざ、書道の道具を準備するのも面倒だし、

描いた絵を保存しておくのも、なんとなくイヤですからね。(下手だから)

 

でも、不思議ですよね。

デジタル機器だと、そのハードルが簡単に下がります。

こういうのも、一つのチャンスとして捉えると、人生は面白いなと思います。