プログラミングの発想力を料理で学ぶ

2020年5月22日

プログラミングを独学で勉強していると、

つくづく、発想力の勝負だな~と思います。

というのも、

web上でやりたいことが、直線的にできればいいんだけど、

プログラミングの場合、回り道クネクネ~的にやらないとできない!

なんてことも多いです。

 

特に、初心者であるがゆえの、気づきのなさ。

これは、もう、どうしようもない。

そこで。

日ごろから、どんな訓練をしておけば、発想力が豊かになるのか?

そんな、レシピを公開しましょ。

 

プログラミングの発想力を鍛えるレシピ

今日は、いきなり、美味しいレシピから入ります。

作るのは、こちら。

チョコと卵のガトーショコラの作り方
板チョコ 2枚

卵    3個

  1. 板チョコをボウルに入れ湯煎で溶かす。
  2. 卵の黄身をチョコに混ぜる。
  3. 卵の白身をつのが立つまで泡立てる
  4. 2に卵白の1/3を加え、よく混ぜる。
  5. 残りの卵白をさっくり混ぜる。
  6. 型に入れ、170度に熱したオーブンで20分焼く。

発想力の鍛え方

 

発想力を鍛えるには?

このレシピが、なぜ?発想力を鍛えることになるのか?

と言えば、

普通、ガトーショコラだろうが何だろうが、

ケーキの形をしたものは、必ずと言っていいほど小麦粉を使います。

でも。

このレシピは、その小麦粉を使わない!

ここが、すごい所です。

 

でも、こうした発想力は、

自分だけでは、なかなか鍛えられるものではありません。

でも、

「なんか美味しいおやつが食べたい!」

「でも、出かけるのはおっくうだ」

この「食欲」ってやつは、すごい力を持っているんです。

 

それに、昔は無理でしたが、

今なら、何だってインターネットで検索できます。

 

大事なのは、検索してみよう!

とする気持ちです。

とにかく、最初から、あきらめてしまわないこと!

 

というわけで、

今日のアドバイスは、こちら。

🔴常識や当たり前を疑え!バカバカしくてもいい、なんでも検索してみよう

です。

 

まとめ

プログラミングに限らず、ビジネスにおいては、

  • 「こうしたい」
  • 「こんなものが欲しい」

と思うことがよくあります。

そんな時、ただ直線的に考えて、

すぐに「あぁ、できない!」とあきらめてしまうと、

何も変化しないし、進化もしません。

 

大事なのは、

どうすれば、思うような結果が得られるのか?

という発想の転換と、

必死に考え抜く力です。

恰好悪い言い方をすれば、

あきらめの悪さとしつこさと言ってもいいかもしれません。

でも、それが、一番、大事~。