このサイトは9月末で廃止し、デジタル練習帳(ここをクリック)という別サイトに統合します。

GA4なら広告効果測定も無料

GA4を学ぶ

どんな商売でも、広告効果測定は必須です。

特に今は、アナログなビジネスと言えども、広告=チラシだけではなく、ホームページもある、ブログもインスタもやっているという人は多いですよね。

そういう場合も、GA4を使えば、無料で広告(媒体)の効果測定ができます。

アナログなチラシの場合

アナログなチラシの場合の効果測定というと、

  • 物販の場合は、お店に来てくれるお客様の数、購入品や購入価格
  • それ以外のサービスを提供している場合は、実際のお問合せ数や来場者数など

をチェックするだけのことが多かったと思います。

ですが、アナログなチラシを見て、まずはホームページをチェックする人も少なからずいますので、こうした人たちの追跡もしておきたいはずです。

実際、今はチラシに、ホームページへの誘導(URLや検索ワード、QRコードなど)を入れるのがお約束のようになっていますが、何も測定せず、ただひたすらに売り上げを待つだけではもったいないです。

GA4で効果を測定してみましょう

というわけで、早速、GA4で広告の効果測定をしてみましょう。

最初は、あれもこれも!と考えず、ざっくりやっていくのがおススメです。

左側のメニューから、レポート集客トラフィック獲得をクリックします。

すると、こんな画面が出てきます。

まず、右上の日付をチェックしましょう。

デフォルトは、過去28日間になっていますが、アナログなチラシを入れた場合には、チラシを配布日からに変更するとわかりやすいと思います。

これで、おおよその数字はつかめます。

  1. Organic Searchは、検索サイトから来た
  2. Directは、チラシから来たor顧客など
  3. Refferalは、別サイトから来た
  4. Unassignedは、不明
  5. Organic Socialは、インスタなどのSNSから来た

ことになります。

また、左側の欄にある「+」をクリックして、「セッションの参照元/メディア」を選べば、上記の1と5の詳しい内容、たとえば、google検索から来たのか?yahoo検索から来たのか?インスタから来たのかFacebookから来たのか?がわかります。

SNSからの流入が多い場合には、どのSNSがもっとも効果的なのか?何に優先的に取り組めばいいのか?が見えてきます。

kotohoka
kotohoka

ちなみに、Directの内容は、この段階では詳細は不明です。ただし「+」から「地域」を選べば、チラシを配布した地域とすり合わせができます。

さらに、私が意外に確認した方がいいな・・・と思っているのが、「デバイスカテゴリ」です。

こちらも「+」をクリックすると表示させることができます。

絶対、スマホの方が多いだろう?と思っていたら、意外にパソコンの方が多かった・・・なんてこともあるんですよ。

それを確認しないまま、スマホ時代という思い込みだけで、チラシ内の誘導をQRコードだけにしてしまうと、自ら広告の効果を半減させることにつながります。

GA4の結果の活かし方

上記のことがわかるだけでも、GA4を使うメリットはあるわけですが、もう少し上記の画像を例に考えてみましょう。

実はこれ、私のサイトなんですけどね。SNSからの流入がおそろしく低いです。3って。(爆)

しかも、右側の平均エンゲージ時間もひどいです。

もちろん、SNS自体、適当にやってるだけなので、期待もしていませんでしたが、優先順位は低いってことが感覚ではなく、はっきりと見える化しています。

ただ、適当にやってても3はあるんだな・・・とは思いましたけど。(あくまでポジティブ思考)

それと、残念ながら、私自身はもう、会社を清算したのでアナログなチラシは打ったりしないんですが、あぁ!会社やっていた時に、GA4があったら!なと、悔し涙が止まりません。

なぜって、今回の記事では、GA4を大まかな指標としてしか使っていませんが、キャンペーンごと(チラシ媒体ごと)にQRコードを作っておけば、どれだけの人がそのキャンペーンでホームページに来たか?まで見えるようになります。

しかも、こうした設定や分析はすべて無料でできるんですから、やらない手はないですよね。(もちろん、チラシ代はかかりますよ)

まとめ

過去には、私もチラシを打ったり、ニュースレターを出したりしていましたが、その当時は、現実的に電話がかかってくるとか、問い合わせがあるとか、そういう現実的な結果しか確認することができませんでした。

でも、それだと、今すぐ客しか見つけられないんですよね。

確かに、今すぐ客は有難いですが、商売を安定させるためには、自社にあったお客様を前もって集めておくことが、将来の希望へとつながっていくわけで、GA4をぜひ、自分の右腕にしてほしいなと思います。

kotohoka
kotohoka

社長業は孤独なので、指標を見せてくれるGA4は大事な右腕にもなり得ます。

タイトルとURLをコピーしました