コリータから学ぶ、クリエイティブのレッスン

コリータ・ケントの本は、絵を学ぶための本というよりも、

「クリエイティビティ」を高めるためのものです。

コリータ・ケントは、

誰にだってクリエイティブ・スピリットの種はある。

あとは、それを育てるだけ。

そう言ってくれています。

だから、信じてやってみよう!

 

雑誌を切り抜く

絵を描くことは、目を鍛えるためには、とても良い方法です。

でも、それだけに縛られる必要はありません。

今回は、雑誌を切り抜くレッスンをやってみました。

 

やり方は、

  1. 5.1mm    7.6mm のサイズで100枚ぐらいを雑誌から切り抜く
  2. それを、好きなものと、好きじゃないものに分ける
  3. 好きな方のカードのレイアウトを見て、何に使えそうか?を考える

これだけです。

注意するのは、好きなカードを選ぶ時、

切ったカードの内容には惑わされない!という点です。

見るのは、写真の内容とかじゃなく、カード内のレイアウトの方です。

 

実際にやってみると、これはとても楽しかったです。

最初は、ついつい、カード内の絵や写真に惑わされますが、

ある程度のスピードで、カードの好き、嫌いを決めていくと、

だんだん、レイアウトだけに目がいくようになります。

 

クリエイティブのレッスン
JAFさんの雑誌を利用させてもらいました

 

それは、何になるの?

こうしたレイアウトを利用すれば、

  • たとえば、ポスター、
  • たとえば、年賀状、
  • たとえば、誕生カードなどなど、

いろんなものが作れます。

 

実際、雑誌を決まったサイズに切り抜いたことで、

思いもよらないレイアウトが生まれ、結構、ワクワクしました。

 

また、何より良かったことは、

自分の目の使い方(鍛え方)を知ることができた点です。

 

コリータ・ケントは、ずっと、本の中で、

目の筋肉のように鍛えることの重要性を説いています。

目を鍛え、見るスキルを伸ばしていくことは、

絵を描くことはもちろん、

仕事や人間関係、子育てなど、自分の人生すべてに大きな影響を与えていくからです。

 

まとめ

コリータ・ケントのクリエイティブのレッスンは、

雑誌を切り抜くだけでなく、

  • アスファルトのヒビを毎日、5分見続けたり、
  • 影や植物を眺めたり、
  • 字を書いてみたり、

いろんな方法があります。

 

もちろん、その中には、自分には合わないものもあります。

たとえば、

葉っぱを毎日描く・・・なんていう課題を、

私は2日で、投げ出してしまいました。

 

あまりに、うまく描けないので、意気消沈して、楽しくなくなっちゃったんです。

だから、多分。

初心者は、無理をしなくてもいいんだと思います。

大事なのは、とにかく、描くことよりも、見ることなのですから。