起業のリスクなんてリスクヘッジしとけばいいだけ

起業のリスクなんてリスクヘッジしとけばいいだけ仕事テキパキ
ただ、何もしないで待つことの方が怖い

起業にはリスクはつきもの。

これ、過去の価値観ですよね。

ず~っと自営で生きている私には、

起業だけが、ことさらにリスクがある!

そう思われていることが、不思議で仕方ありません。

リスクなら、

会社勤めであっても、

  • たとえば、会社ごとつぶれるとか、
  • たとえば、自分だけリストラに合うとか、

いくらでもあるでしょう?今の時代。

と思うのですけど。

ちなみに、タイトルは、

起業のリスクなんて、リスクヘッジしとけばいいだけ。

ですが、

今は、

会社勤めであっても、リスクヘッジはしておくべき時代だと思うんです。

そして、皮肉にも、

会社勤めの一番のリスクヘッジになってくれるのが、

  • プチ起業とか
  • 週末起業とか

だったりするんですね。

というわけで、

誰にも関係のある、起業リスクについて、

ぜひ、一緒に考えてもらえたら・・・と思います。

起業のリスクは、借金と失業ぐらいのもん

起業が失敗したら?という恐怖感は、誰にもあるものだ!

と思われていますが、

その情報も、過去の古い遺物だと思います。

なぜなら、

起業が失敗した時の最大のリスクって、

  • 借金
  • 失業

ぐらいのものでしょう?

だったら、リスクヘッジは簡単です。

起業のリスクなんてリスクヘッジしとけばいいだけ

ただ、何もしないで待つことの方が怖い

借金は、できるだけしない

昔は、起業と言えば、

  • 事務所を構えるにしろ、
  • お店を作るにしろ、

多額の借金が必要でしたが、

今は、インターネットが普及している時代。

それこそ、人生が狂うほどの借金をしなければならない。

なんて必要性はどこにもありません。

自己資金も借金と同じと考える

ついでに言うならば、

初期費用を自己資金でまかなう場合であっても、

借金と同じだ!

ぐらいに考えて、ちょうど良いと思います。

世の中には、口のうまい人や企業はたくさんあるので、

そういう口車に乗って、

何の調査もせず、

ン百万もかけないようにしましょう。

失業したら?を考えておく

そうは言っても、

さんざん、リサーチして、

  • やれる!
  • 今しかない!

というタイミングも、あるかもしれません。

そういう場合は、

失敗したら、どうやって、食っていくか?

ここまで、きちんと計算してから、

GOサインを出しましょう。

その覚悟もなしに始めては、

起業はまさに、一か八かの博打になってしまいます。

私としては、

失業のリスクのない状態のときに、

起業の練習しておくのが、良いと思います。

たとえば、

  • 親元で暮らしている間にバイトしながら。
  • Wワーク勧めている会社にいながら。

などなど、

使える資産は、何でも使いましょう。

まとめ

こう考えてみると、

起業にリスクなんて、あるのか?

そんな気になってきたはずです。

一番、怖いのは、

起業はリスクがある!なんて、イメージにだまされて、

何も行動しないこと

何のリスクヘッジもしないこと

の方です。

ただ、

毎日のルーティンワークをこなしていく。

それだけで、定年まで安泰。

定年後は年金で安泰。

そんな時代でないことは、

あなたが、一番、よくわかっているはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました