独学の効率を上げるアウトプットの方法

独学の効率を上げるアウトプットおうちで独学

独学においてアウトプットはとても重要である!

そのことは、

多くの人が、理解できていることだと思います。

ところが、

独学はどうしても、一人で黙々と勉強・・・

そんなイメージが強いので、

アウトプットが足りなくなるのではないか?

そこを不安に思う人もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は、

独学の効率を上げるアウトプットの方法をお話ししておこうと思います。

最強のアウトプットとは?

これは、どんな独学にも通用することなのですが、

「誰かに教えること」

これほど、

自分が効率よく学べる最強のアウトプットはありません。

こんなことを書くと、

「え~、だって、初心者だし~。そんなスキルないし~。」

と思うかもしれませんが、

堅苦しく考える必要はありません。

いきなり「先生」になれ!

と言っているわけではないんです。

独学の効率を上げるアウトプット

一歩先行く先輩になる

だって、考えてもみて下さい。

たとえ初心者であろうとも、

取り組んだ分だけ知識とかスキルはちょこっとはあるはず。

1日学んだ人は、

何も学ばなかった人よりも1日分、余分に。

3日学んだ人は、

何も学ばなかった人よりも3日分、余分に。

教えられることは、それなりにあるもんなんです。

それを、誰かに教えていきましょう。

先生ではなく、一歩先行く先輩として

アウトプットしていけばいいんです。

教える人なんていない?

もし、

「教える人なんていない」

そう思うなら、

一人で黙々とできる方法があります。

それが、ブログを書くこと。

別に、教えるというスタンスでなくてもいいんです。

自分が学んだことの覚書として、

気楽に始めればOKです。

もちろん、SNSを利用してもいいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

教えるなんて、おこがましい・・・

そんなふうに、最初は思ったかもしれません。

でも、ゼロの人にとっては、

一歩先行く人の情報は、ちゃんと役に立つものだし、

自分のためにもなるので、一石二鳥なのです。

たとえば、

ことのほかLifeでおすすめしている独学のうち、

一番、アウトプットが大事と言われている英語・・・

その中でも、英会話は、話すというアウトプットがないとダメなんだ!!!

と言われ続けています。

だから、一生懸命、

英会話カフェに通ったり、

オンライン英会話をやってる人も多いんですよね?

でも、実は、英会話ってね。

そうやって、お客さんとか、生徒になって学ぶより、

先生になった方が、断然、上達が早い!

ってご存知でしたか?

ほら、あれと同じですよ。

「牛乳飲んでいる人より、牛乳配っている人の方が健康」

ってあれ。

なので、独学するなら、ぜひ、牛乳を配る側になりましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました