絵の初心者ほど人物画を描くべき理由って?

絵の初心者は、人物画なんてとんでもない!

と本気で思っています。

 

実は、私もそう思っていました。

でも。

私たちは、多くの友人、知人、芸能人の顔をちゃんと認識できていますよね?

ということは、

ちゃんと見る目は持っているんです。

ただ、見た通りに描けないだけのこと。

 

「え?それが問題なんじゃん。」

と思いました?

でも、本当はそうじゃありません。

どうすれば、見たまま描けるのか?

それを教えてくれるひとが誰もいなかった。

ただ、それだけのことだったんです。

 

自分の成長を記録しておこう

なんでもそうですが、

ビフォーアフターがあると、

ほんの少しであっても、自分の成長が目に見えるので嬉しくなります。

もちろん、最初は、

  • 下手で気に入らない
  • 恥ずかしい

と思うかもしれませんが、

別に、他人に(家族にも)見せる必要はありません。

こっそり、秘密にして取っておきましょう。

 

最初に描いた人物は?

ただし、人物画を描くのに誰かにモデルになってもらったりすると、

描き上がった時に、その人に絵をみせなきゃいけなくなります。

なので、私はネットの画像から引っ張ってきて描くことにしました。

 

人物画を描いてみた

 

ご覧のように、たいして上手ではありません。

でも、もし、この絵を見て、

  • 「これぐらい描けたら十分だ」
  • 「多分、私が描く絵はもっとひどい」

そう思われたのなら、誤解だと言いたいです。

 

というのも、

この絵は、本当の意味で、私が最初に描いた人物画ではないからです。

実は、私は大昔に、「脳の右側で描け」という本で絵を描く練習をしています。

その時、脳の右側を使って描いた経験が、多少残っていたようです。

かなり、昔のことで、ずっと絵なんて描いていませんでしたが、

長いこと自転車に乗っていなくとも、乗れる!

それと同じ感覚なんだと思います。

 

あまりに大昔のことなので、その時の最初の絵がどんなだったのか?

もう、覚えていませんが、

もしかしたら、こんな程度だったかもしれません。(笑)

 

最初の絵はこんなかも?

 

まとめ

多くの人が、絵を描くということ=才能だ思い込んでいます。

もちろん、私もその一人でした。

 

確かに、アート作品を作るのであれば、才能は必要でしょう。

でも。

写実的に、見たままを絵に描くのであれば、誰にでもできるのだ・・・

ということを、私は、本から教わりました。

 

そして、絵を描くということが、いろんな世界を広げてくれそうだ・・・

なんてことも、最近は、感じています。

 

実際、絵を描くというのは、たいした道具はいりません。

必要なのは、

  • 鉛筆
  • 消しゴム

この3つだけです。

ぜひ、ご自分の「見る目」を信じて、あなたも始めてみませんか?