スケジュール帳の使い方は?

この時期、やはり目につくのがスケジュール帳ですね。

私も、毎年、スケジュール帳は買っていますが、

今年から、スケジュール帳の使い方が変わりました。

たかが、スケジュール帳ですが、

使い方によっては、いろんな良いことが起きるようなので、

今回も例によって例のごとく、コリータ・ケントに学びたいと思います。

 

スケジュール帳ではなく、センス・ダイアリー

もともと、コリータ・ケントが推奨しているのは、

スケジュール帳ではなく、センス・ダイアリーです。

だから、スケジュール帳である必要はないのですが、

私は、スケジュール帳をセンス・ダイアリーにしちゃっています。

 

というのも、

わざわざ、センス・ダイアリーなるものを作っても、

多分、私の性格上、3日坊主になりそうですし、

何冊もノートがあるのは、管理が大変だからです。

 

その点、スケジュール帳は、毎年、準備しているものだし、

併用しちゃえばいいかな・・・と。

 

センス・ダイアリーとは?

ちなみに、コリタ・ケントが勧めているセンス・ダイアリーは、

  • record ofsources and resources(いろんな物の記録)
  • become aware of and retain details(細かなところに注意して記憶する)

ことを目的にしています。

そのため、

  • 絵を描くだけでなく、
  • それを言葉で表現する

ことも、行っていきます。

本来は、それらを、一つのノートに行うのですが、

実際にやってみたら、

絵はスケッチブックにじっくり(右脳を使って)描きたい!

私は、そう思っちゃったので、(せっかく、スケッチ用の鉛筆買ったし(笑)

  • 絵を重要視する時は、スケッチブックに。
  • 言葉が重要な場合には、スケジュール帳に。

と、2冊に分けるようにしました。

 

スケジュール帳が満タンに!

その甲斐あってか?

今年、私のスケジュール帳は、みるみる満タン!状態になりました。

 

たとえば、

大会社に勤めている人ならば、

スケジュールも、いっぱい、埋まるのかもしれませんが、

所詮、自営の人間には、そんな分刻みの仕事などありません。

せいぜい、

  • 誰々と打ち合わせ。
  • ○○へ出かける。
  • ○○の締め切り。

そんな程度なので、スケジュール帳はガラガラです。

だから、正直、市販のスケジュール帳って、もったいなかったんです。

 

でも、スケジュールだけに縛られず

  • 自分が思ったこと、考えたこと
  • たまたま見た情報から得たヒントや、
  • 調べたことなど

何でもかんでも、スケジュール帳に記録していったら、

スケジュール帳は、自分の軌跡を知る大切なツールに変わりました。

 

スケジュール帳の選び方も変わった

すると・・・

当然ながら、スケジュール帳の選び方も変わります。

 

昨年末、買ったのが、こちら。

かわいいドラえもんのスケジュール帳です。(ドラえもんは何故か?スルーできないんだよね・・・)

一応、毎日のダイアリー欄がついているのですが、

もはや、使い方、無茶苦茶です。(苦笑)

 

今年のスケジュール帳

 

だから。

自分の性格に合わせて、

今年は、もっと、シンプルなのを買いました。

 

新しいスケジュール帳
最初に、シンプルな2020年のスケジュール欄が一通りありますが、あとは、すべて方眼のページばかりです。

 

まとめ

というわけで、来年からは、さらに自由なスケジュール帳ならぬ、

センス・ダイアリーが生まれてくるはずです。

 

あと。

もう一つ。来年からやろうと思っているのが、

スケジュール帳の重さを使う前と使い終わった後に量る!ことです。

これは、もともと、

私が大好きなアーティスト「オースティン・クレオン」がニュースレターで話していたことで、

「面白いな~」と思ったので、私も真似してみます。

 

ちなみに、2021年のスケジュール帳の今の重さは、234.6gです。

来年末、どれぐらいの重さになってるか?楽しみです。