kotohoka

スポンサーリンク
絵を描く

自分と向き合うなんて重すぎる。だから絵を描いてみよう

新しい年が明けました。 こういう時には、自分と向き合おう! なんて力が入りがちですが、 いきなり、そ〜いうのは、多分、疲れます。 結局、堂々巡りになったりするし。 特に、私たちは、ローマ帝国の頃とは違っ...
絵を描く

絵を描くメリットを手に入れるには?

絵を描くメリットは、 洞察力が増す 集中力が増す ストレスが軽減する など、いろんなメリットがありますが、 絵が恐ろしく下手な人でも、 そのメリットは手に入るものなのでしょうか? 大事なのは...
クリエイティブになるには

スケジュール帳の使い方は?

この時期、やはり目につくのがスケジュール帳ですね。 私も、毎年、スケジュール帳は買っていますが、 今年から、スケジュール帳の使い方が変わりました。 たかが、スケジュール帳ですが、 使い方によっては、いろんな良いことが...
クリエイティブになるには

コリータから学ぶ、クリエイティブのレッスン

コリータ・ケントの本は、絵を学ぶための本というよりも、 「クリエイティビティ」を高めるためのものです。 コリータ・ケントは、 誰にだってクリエイティブ・スピリットの種はある。 あとは、それを育てるだけ。 そう言...
絵を描く

コリータ・ケントからも絵を学んでみよう

以前に、コリータ・ケントの本を買った話をしました。 「Learning  by heart 」というタイトルで、 絵を描くためにやるべきことが、色々書いてあります。 というわけで、 今回からは、その中からいくつか...
絵を描く

写実的に描くことと、画家になるのは別!ならば、何故?描く?

「内なる画家の眼」では、誰でも写実的に描ける能力はある。 そんなメッセージが込められています。 でも、写実的に描けるからと言って、画家になれるわけではありません。 その違いを理解するために、今回は、こんな練習にも取り組んで...
絵を描く

影の描き方の練習は、何がいい?

前回、光と影のマジックがとても面白かったので、 俄然、影を描くことが楽しくなってきました。 そこで、今回も、 「内なる画家の眼」の著者エドワーズ先生に教えてもらいます。 エドワーズ先生の教え方 本の中で「私が指...
絵を描く

初心者は、絵に影が付けられない・・・

以前から、ずっと思っていたのは、 初心者は、絵に影が付けられないんですよね。 実は、私が中学生だった頃、 「家にある物を、スケッチしてこい!」 そんな宿題がありました。 たとえば、アイロン。 ...
絵を描く

絵を描くのに才能は関係ない?

絵を描くといっても、 有名な画家になる・・・という話ではありません。 ここでお話しているのは、 とりあえず「見たままを描けるスキル」のことです。 何故?見たまま描けないのか? そのスキルを身に着ける前に、 ...
絵を描く

絵の初心者ほど人物画を描くべき理由って?

絵の初心者は、人物画なんてとんでもない! と本気で思っています。 実は、私もそう思っていました。 でも。 私たちは、多くの友人、知人、芸能人の顔をちゃんと認識できていますよね? ということは、 ち...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました